作業服について

働くときに作業服を着ているけど、別に普通の服で仕事をしても構わないんじゃないのと思っている方もいるのではないでしょうか。作業服には様々なメリットがあって、それを着ることでより効率良く働くことができるんです。

普通の服と違うの?作業服の概要

作業服はその名の通りあらゆる作業に適した服です。作業をする上でまず大切なのは動きやすさなので、作業服はその辺りを考えて設計されています。作業中は様々な動作があるので、簡単に破れたりするようでは使い…

More Detail...

仕事するときに着てみよう!作業服のメリット

電気工事や、工場や工事現場で働いている人がよく着ている作業服は、ただカッコいいからという理由で着ているわけではありません。見た目や使われている素材によって、作業を行う際に良い影響を与える様々な工夫…

More Detail...

注意!作業服のデメリット

つなぎタイプの作業服は上下がつながっていることで、風通しが悪い構造です。このため、冬用と夏用の2種類を準備しないと夏場は暑くて大変です。汗をかいたときに内側にこもり、ジメッとした状態になりやすいの…

More Detail...

安心して働きやすい作業服の選び方

作業をする時は体に合わせて作業服を選び、長時間でも疲れないよう体に負担をかけないように決めると安心して働きやすいです。

作業服の選び方

暖かい場所や時期に着よう!春夏用の作業服

春夏にかけて作業服を選ぶ際には、できるだけ通気性の良いものを選ぶと作業時の快適さに直結します。最近では、作業効率を上げることを目的として清涼素材を積極的に導入した作業着が増えています。速乾性があっ…

More Detail...

寒い場所や時期には秋冬用の作業服を着よう!

「秋冬用の作業服」という言葉は、夏物ではない通年用の作業着という意味で使われることもありますが、多くの場合、「保温力・防寒力が高い作業服」を意味しています。外気温の変化をモロに受けてしまう屋外作業…

More Detail...

安い方が良いよね!価格で作業服を選ぼう

作業服の寿命と使い方の関係

作業服は衣類の中でも傷みやすく、寿命が短いとされています。これは生地の材質が悪いのではなく、使用環境が過酷なのが主な理由です。作業服はその名前の通り、様々な作業の際に着用する衣類ですが、その作業の多くは汚れが付着しやすく、生地に強い刺激が及ぶものが多数を占めます。場合によっては薬品が付着したり固い物に引っかかることもあるので、変色や破れなどの傷みが生じやすいのです。また、発汗による汚れも生地が傷む理由のひとつですが、作業服は汚れやすいのが普通というイメージがあるので洗濯されず、そのまま放置される傾向があります。汚れによる生地の劣化が作業服の寿命を縮めると共に、作業服はすぐに傷むというイメージに繋がっているのが実状です。

安価な作業服は使い捨て感覚で使用できるのが強み

衣類は繰り返し着用するのが普通ですが、作業服に関しては使い捨てを前提とした安価な物も広く出回っています。作業服は早く傷んで当たり前という考えがあることや、実際に使い捨てであることが求められる環境で使うケースもあるためです。安価な作業服は生地の品質もそれなりなので刺激に弱く、簡単に変色や破れなどの不具合が生じます。中には厚紙や不織布で作られた、一回限りの使い捨てな作業服も売られているので用途別に使い分けるのに便利です。特に微小な埃や細菌などの異物を避ける必要がある環境では、何度も洗濯して着用する衣類よりも使い捨ての方が安全です。使い捨ての作業服は複数枚をまとめ売りしていることが多いので販売価格は高く設定されていますが、一着あたりの価格は非常に安くなっています。